【数量限定】お盆におすすめのローソクが入荷しました

命日や月命日、お彼岸や誕生日など、好物キャンドルをお買い求めいただき灯してくださる方が増えています。故人様の好きだった食べ物や飲み物のキャンドルを灯し、食事の時間などを一緒に過ごすだけでも故人様を身近に感じることができます。そんな好物キャンドルにお盆にぴったりのアイテムが数量限定で新登場。

精霊馬ローソク~この世とあの世をつなぐご先祖様の乗り物「精霊馬」

商品名【季節のおすすめ】
精霊馬ローソク
燃焼時間約15分燃焼時間は無風・気温20~28度前後の環境下における平均値です。
湿度・気温・風など使用状況により変動します。
商品サイズ箱サイズ:W118×L118×H69mm ナス:φ32×L70mm キュウリ:φ20×L97mm
重量(g)パラフィン(一般的なロウソク原料)・ピック

多くの地方でお盆飾りとして使われる「精霊馬」を、仏壇に飾りやすくミニサイズにして再現しました。火をつける際は、ピックを抜き陶製のお皿などをご使用ください。

―この世とあの世をつなぐご先祖様の乗り物「精霊馬」―

キュウリ:ご先祖様に早く帰ってきてもらうため足の速い馬に見立てられます。
ナス:ご先祖様がゆっくり戻ってほしいと歩みの遅い牛に見立てられます。

迎え火・送り火ローソク~「おかえりなさい」「また来年ね」― お盆の「迎え火・送り火」をキャンドルで。~

お盆の「迎え火」「送り火」は目に見えないものを敬い尊ぶ、次世代の子供達にも伝えたい日本の古きよき風習。自分らしい新しいカタチでご先祖様をおもてなし。

迎え火・送り火とは
地方によっても違いはありますが、多くは焙烙(ほうろく)と呼ばれる素焼きのお皿の上でおがら(麻がら)を燃やして、ご先祖様の魂をお盆時期に迎え送る習わしのこと。迎え火はご先祖様が帰ってくるときの目印に、送り火はお盆に一緒に過ごしたご先祖様を見送っている証と言われています。

商品名迎え火・送り火ローソク
燃焼時間約1時間(オートストップ加工)燃焼時間は無風・気温20~28度前後の環境下における平均値です。
湿度・気温・風など使用状況により変動します。
商品サイズ本体サイズ:φ115×H63mm(皿含む) 箱サイズ:W118×L118×H75mm
重量(g)231 (g)

古くからのお盆の風習「迎え火・送り火」を素焼きのお皿とローソクでリアルに再現しました。
本物さながらのほうろく皿で、天候やおがらの火の付き具合を気にせず、自宅の玄関や仏壇にて手軽に迎え火送り火を行えます。
また、ミニサイズなので、小型仏壇や玄関など場所を問わず「迎え火・送り火」を行っていただけます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA