Sotto | そっと、暮らしに寄り添う仏具

時代がどんなに変化しようとも、身近な存在、大切な人の死を受容することは簡単なことではありません。遺された者が、死別という事実に折り合いをつけながら悲しみをやわらげていくためには、物理的な時間が必要であると同時に心を落ち着ける場が必要です。そういう意味で、日本古来の「墓」や「仏壇」は、仏さまの浄土を感じ、故人( ご先祖) と心の対話をする神聖な場としての役割を担ってきました。

しかし、家督制度に対する意識の変化や宗教観の多様化によって、墓葬の概念が絶対で無くなりつつある今、旧来の仏壇に対する考えも変わってきています。 居住空間の欧米化も相まって、仏壇を設置するスペースを充分に取れないという声も聞かれます。
「s o t t o 」は、そんな変化をとらえ、祈りをささげたいという方の気持ちをまず一番に考え、暮らしに寄り添う場を提案しています。

スズキ造花店メモリアルギャラリーにて全商品のすべてのカラーを展示しております。

グッドデザイン賞を受賞したおりんpaddle
sottoのスタートであるおりんCherinシリーズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Sotto

富山県高岡市 『s o t t o 』を手掛ける瀬尾製作所さん

富山県西部に位置する高岡市は江戸時代より鋳物を始めとした金属加工が盛んな土地であり、その起源は約400年前の慶長16年(1611年)、加賀藩主である前田利長公が産業の振興を目的に、7名の腕利きの鋳物師を集め、高岡市金屋町に鋳物工場を作らせたことが始まりとなります。

当初は生活道具である鍋や釜などを鉄を溶かして作っていましたが、江戸中期頃から次第に銅製品の製造も盛んとなり、茶道具や花器、寺院用の梵鐘や銅像から仏具まで発祥から400年経った今も伝統を守りながら作り続けています。

『s o t t o 』は、現代の暮らしにそっと寄り添う仏具。 高岡銅器ならではの重厚さはそのままに、光沢感を抑えた金属の質感に自然木のぬくもりを合わせて和室にも洋室にも合うシンプルなデザインに仕上げられています。

たとえば、家族が集うリビングスペースに。 あるいは、ベッドルームの傍のチェストにしつらえても。 仏壇を置くスペースがない和室にも馴染み、さりげなくインテリアの中に溶け込みます。毎日の祈りのあるくらしにSotto寄り添ってくれます。

product

Potterin ポタリン

しずく型が愛らしい

祈りの場がもっと身近になります

17,600円

Paddle パドル

透明感のある佇まいと音色のおりん

ガラスや木をつかったおりん

11,000円

Ring リング

故人の形見を祈りの場に

Sottoおりんでもっとも美しい音色

13,200円

Cherin チェリン

美しく佇むおりん

りん棒を納めても音は鳴り続けます

11,000円

Cherin mini チェリン・ミニ

小さく、涼やかな音色のおりん

チェリンよりひと回り小さいおりん

10,450円

Cherin wood チェリンウッド

水と金属が溶け合うかたち

異素材を組み合わせたおりん

11,000円

Caprin カプリン

ベルのような形のおりん

りん棒はベルの中にかくれています

11,000円

Caroma キャロマ

ささやかに香りで満たす

火立てと香立てがセットになりました

11,000円

Charing チェリング

日々の日常に溶け込む三具足

火立・香立・花立をまとめた商品です

13,200円

Picstal ピクスタル

故人との語らいの場を作る

Sottoシリーズの台座が付いた写真立て

23,100円

Pictuary cylinder ピクチュアリ シリンダ

自分だけの思い出の小箱

写真立てとメモリアルボックス

11,000円

Pictuary sphere ピクチュアリ スフィア

いつもすぐそばに

揺れる写真立てとメモリアルボックス

12,100円

スズキ造花店メモリアルギャラリーでは『Sotto』製品の全種全カラーを常時展示いたしております。ぜひ、実際に手に取り音色や品質の高さを確かめてください。

スズキ造花店メモリアルギャラリー

〒963-5663
福島県東白川郡棚倉町大字流字豊前60-2
TEL 0247-33-2902 FAX 0247-33-7902
定休日なし(年中無休)9:00-17:00