鼎談 東日本大震災から10年 追悼の祈り「私たちは忘れない あの日のこと あの人のこと ~弔いに携わる者として~」

令和3年2月19日、葬儀社や僧侶という弔いに携わる者として、東日本大震災からなにを学び、気づかされ、これからどのような役割を果たしていくべきかをテーマに、下記の3者による鼎談が行われました。

鼎談 東日本大震災から10年 追悼の祈り
「私たちは忘れない あの日のこと あの人のこと ~弔いに携わる者として~」

 戸松義晴(全日本仏教会理事長)

 新倉典生(東京都仏教連合会前事務局長)

 石井時明(全日本葬祭業協同組合連合会会長)

 進行:秋沢淳子(TBSテレビ事業局国際事業部)

ぜひ、ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA